「原子力災害に備えた島根県広域避難計画」に関する意見交換会の開催(1/22)

2017-01-23

日時: 1月22日(日)14:00~16:30(13:30開場・受付)
場所:島根県教育会館4階大会議室
  (島根県松江市母衣町55番地 0852-25-6200)
主催:島根原発・エネルギー問題県民連絡会
出席:島根県防災部(原子力安全対策課)
   島根原発・エネルギー問題県民連絡会
参加費:無料
意見交換会開催案内はこちら
主旨:
2016年に島根県知事宛に「原子力災害に備えた島根県広域避難計画」について公開質問を行い回答を得ていますが(各々2回)、この内容等について、島根県防災部(原子力安全対策課)と意見交換会を公開にて開催しました。県民連絡会関連団体の関係者はもとより、自治体関係者、一般市民の方の一般参加も広く対象としました。
フクシマ原発事故からもわかるように、安全神話は崩れ、当事者の電力会社はもとより国・県・市町村含め、原発事故は起こりうると皆が考えています。その明日にも起こりうる原発事故が起こることを前提に、避難計画・対策が取られつつあるところです。
この避難計画・対策は、原発が必要だと思う人にも、原発は要らないと思う人にも共通の大事な問題です。どちらの考えの人も今回開催しました意見交換会への参加は有益と考えます。
内容:
 (1)島根県からの説明(避難計画・対策の状況・質問・回答の骨子等)
 (2)意見交換(出席者での意見・質疑応答)
 (3)会場(一般参加者)からの意見・質疑応答
備考:
 ・報道機関、県民連絡会関連団体関係者、自治体関係者、一般市民への公開で行いました。
 ・会場(一般参加者)の方からも意見や質問を頂きました。
参加者数:全37人(出席者11人含む)
◆当日の配布資料
 ①②次第・出席者一覧
 ③島根県防災部(原子力安全対策課) 説明資料
  原子力防災に関する島根県の取組
  島根県における避難対策
  公開質問について(回答)    第一回 平成28年7月6日
  第二回公開質問について(回答) 第二回 平成28年10月28日
 ④島根原発・エネルギー問題県民連絡会 説明補足資料
  原発ゼロを求める島根の会ニュース
  原発事故から5年9ヶ月、福島の現状とたたかいの展望
  島根原発事故時の放射能拡散シミュレーション
   (関連)福島・玄海 放射能拡散シミュレーション動画
  島根原発事故時の原子力防災対策について
  原発避難白書から
◆報道記事
 朝日新聞 2017.1.23
 毎日新聞 2017.1.23

☆これまでの質問や回答の内容は、
  県民連絡会の取組み
で公開してあり、事前に読んでおいて頂くことを前提にしました。当日は時間が限られているため、質問や回答の内容を最初に全て説明することは行いませんでした。(第一回目・第二回目の質問・回答書は当日にも資料配布しました)