小泉純一郎氏講演会 約2100人の参加者で盛況に開催!!

2019-02-18

講演日2019.2.16当日は、あいにくの小雨模様で、小泉純一郎氏をはじめとした原自連(原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟)一行の乗る出雲空港行き飛行機は何とか10分遅れで到着。
実行委員会共同代表の飯塚大幸氏(一畑薬師管長)、事務局長の保母武彦氏(島根大学名誉教授)の出迎え後、タクシーで会場の島根県民会館に滑り込みセーフ。

大ホール定員いっぱいの約1700名の参加者に加え、それだけでは希望者が収まらず、急きょ、ライブ映像で観て頂くことになった第2会場(2F多目的ホール)、第3会場(大会議室)の計約350名など、全体で約2100人もの聴衆にお集まり頂き、開演です。

〇開場前の受付付近
 
〇会場内の様子
 

当日のスケジュール(プログラム)は、次のように進みました。小泉純一郎氏のご講演、三上元氏ご講話では、お二人とも熱く語られ、訴えられ、会場内の参加者にも熱い思いが溢れていました。なお、原自連一行として、元自民党幹事長・原自連副会長の中川秀直氏にもご来場頂いていました。

ここでは、講演会の写真でもって、雰囲気を見て感じて頂きます。

(1) 開演のご挨拶 実行委員会共同代表 飯塚大幸(一畑薬師管長)
 

(2) 小泉純一郎氏ご講演 (元総理大臣、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟顧問)
 
 

(3) 三上元氏ご講話 (元静岡県湖西市長、原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟幹事、
                         脱原発をめざす首長会議世話人)
 

(4) 閉演のご挨拶  実行委員会事務局長 保母武彦(島根大学名誉教授)
 

講演会が終わった翌日、原自連関係者から「今回の小泉さんはこれまでの講演で最高のパフォーマンスだった」という声がありました。小泉さん本人の思いもあるでしょうが、会場に詰めかけて頂いた会場におられる参加者の思い、裏方である我々実行委員会の関係者やスタッフの思いにも呼応して、「最高のパフォーマンス」となったのではないでしょうか。

それにしても、小泉さんご一行はスケジュールの関係で、県民会館滞在時間は約2時間ちょっと。飛行機欠航したらとか、大幅遅れたらとか、やきもきしていましたが、なんとか無事開催できてほっとしました。緊急対応シナリオも用意はしていましたが、小泉さんや三上さんの思いを会場の大勢の参加者の皆さんに直接、お伝えすることができて良かったです。

小泉純一郎氏・三上元氏はじめとした原自連の方々、山陰両県はもとより、中国地方内からも、ご参加を頂き、誠にありがとうございました。

☆今回の講演会で講話いただいた三上元氏ブログ「自由人 三上元の選択」より
 ブログ658、松江の危機管理に感動(2019.2.18)
 ブログ657、松江での小泉純一郎講演会に2100人の大盛況(2019.2.17)

☆インターネットでの講演会映像の配信について(予定)
 当初の定員1500人をかなり超える聴講希望者があり、急きょ、ライブ中継ではありますが別会場を用意し、全部で2000名ほどの定員の会場を用意しました。
 が、この定員をはるかに超えたさらなる人々が、1月末時点での前売り券完売にもかかわらず、聴きたい、どうしたらいいか、立ち見でもテレビでもいい、と2月に入ってから連日、多数、10~15本/日もの問い合わせを受けていました。
 とは言え、入場者キャパに限りがあり、楽しみにして頂いていた人々を断らざるを得なかったのは非常に残念です、また、この日は用事があって無理、遠くに住んでいて行くのは無理、という人たちも沢山おられただろうと想像します。
 そこで、今回の講演内容をYouTubeなどのインターネットでも観れるようにする予定です。なるべく早い段階で、とは思っていますが、しばらくお待ちください。