『地元関係報道2014』

2014-08-06

地元関係報道2014   2014/8/6時点

☆一覧の先頭の記載文字の説明
    「◎」 新しく一覧に追加した報道です。
    「×」 現時点では閲覧できません。

◆2014/7/21-掲載

どう乗り切る原発ゼロの夏 山陰中央新報(2014/7/31)
原発責任どこに 地元当惑「安全とは申し上げない」規制委委員長 島根 中国新聞広島平和メディアセンター(2014/7/24)
本音のコラム:畏れ知らぬ傲慢さ(鎌田慧) 東京新聞(2014/7/22)
島根 廃炉へ4100人の熱気~さよなら原発大集会 参加者の思い~ 赤旗(2014/7/22)
「さよなら島根原発!」松江で4100人集会 朝日新聞(2014/7/21)
原発いらない 西で東で 赤旗(2014/7/21)
 島根:再稼働やめ地域に活気
 大間:建設は子らに負の遺産
島根原発稼働反対 県内外3000人集会 松江 山陰中央新報(2014/7/21)
島根原発 広域避難の課題~あらゆる経路通じ伝達を~ 山陰中央新報(2014/7/20)

◆2014/7/1-20掲載

福井地裁判決から学ぼう~島根原発エネルギー問題連絡会の学習会~ 新しい松江(2014/7/20)
再エネ普及に県が新計画作り~年度内、案とりまとめ~ 朝日新聞(2014/7/17)
島根県の再生エネ計画 原発位置付け明確に~市民団体が要望~ 山陰中央新報(2014/7/16)
鳥取市で「渡されたバトン」上映・討論集会 原発から再生エネルギー転換へ  日本共産党鳥取県委員会HP(2014/6/8)
「再生エネ普及へ 数値目標不可欠」~島根県検討委が発足~ 中国新聞(2014/7/11)
再生可能エネ導入 年度内に新計画策定~島根県検討委が初会合~ 山陰中央新報(2014/7/11)
エネルギー地産地消~米子、鳥取市にモデル事業委託~ 山陰中央新報(2014/7/10)
鹿島町民 実効性を疑問視~島根原発事故時広域避難計画 松江市が説明会~ 山陰中央新報(2014/7/9)
 +出雲市安対協初会合 立地並み要求相次ぐ
原子力行政に住民参加を!~島根県弁護士会がシンポ~ 新しい松江(2014/7/6)

◆2014/6/1-30掲載

住民参加の原子力行政を~松江で仕組み考えるシンポ~ 山陰中央新報(2014/6/30)
島根原発 事故シミュレーション~47万人避難の行方~ 朝日新聞(2014/6/19)
原発避難計画 実効性なさ明らかに~原発ゼロの会が市と懇談~ 新しい松江(2014/6/15)
島根県議会・松江市議会 国のエネ担当者招致~30日予定 原発議論の参考に~ 山陰中央新報(2014/6/13)
 +島根県企業局 電気事業黒字4億4100万円
原発のジレンマ抱える現代 山陰中央新報(2014/6/13)
県内再生可能エネ導入 太陽光発電が倍増 山陰中央新報(2014/6/12)
所要時間の再検討検討~現実的避難方法を模索~ 山陰中央新報(2014/6/10)
 +原発の広域避難計画実効性上げる努力を~松江市に市民団体~
原発再稼働は許されるのか 毎日新聞(2014/6/5)

◆2014/5/1-31掲載

島根原発事故30キロ圏避難時間推計 両県 圏内の6市に説明 山陰中央新報(2014/5/31)
30キロ圏外退避に28時間~事故時、距離別指示の場合 山陰両県が初推計~ 朝日新聞(2014/5/31)
青谷の反対運動振り返る~原発建設の芽摘んだ~ 毎日新聞(2014/5/30)
電源比率の早期提示を 山陰中央新報(2014/5/24)
「さよなら原発」7月に大集会 朝日新聞(2014/5/22)
脱原発へ5千人集会 松江、市民団体が実行委 日本海新聞オンライン(2014/5/13)
脱原発へ松江で集会 4市民団体が7月 5000人参加目標 中国新聞ヒロシマ平和メディアセンター(2014/5/9)
4市民団体合同脱原発5000人集会 山陰中央新報 (2014/5/9)
脱原発へ松江で集会 中国新聞 (2014/5/8)
溝口県政の針路:民間の再生エネ補助検討(企業局) 山陰中央新報(2014/5/6)

以上